雑学

MENU

看護婦国家試験に合格するよりも

 

看護婦国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。

 

そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護婦の仕事についてほしいものですね。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。

 

更に、3ヶ月は利用して念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。
急いで転職してしまうと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。

 

以上から、自らの希望の条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。

 

キャリアアップを目指して転職を考える看護婦も世の中にはいます。看護師としての技量を高めておくことで、高収入を得ることも可能です。

 

その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分が合うと思える職場を探してみることは重要です。

 

内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。

 

ナースが仕事を変える時のステップとしては、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。

 

日中だけの勤務がよい、休暇はしっかりとりたい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、リクエストには個性があります。
今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、条件のそぐわない勤務先で辛さに耐え続けることはありません。

 

看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わります。一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。

 

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護婦も多いことでしょう。